カウンセリングが丁寧、親切な婚活

9月 - 17 2015 | no comments | By

主人に先立たれ4年、息子夫婦との同居をしていましたが気を遣うことが多く、お嫁さんの妊娠を機に1人暮らしを始めました。
ですが、TVを見ても一緒に笑える相手がいない、料理を作っても「美味しいよ」と食べてくれる人がいない寂しさを強く感じていたところ、子どもから「そろそろいいんじゃない?」と婚活を勧められました。

いくつかの結婚相談所に電話で問い合わせをした際に「うちでは50~60代の会員様が少ないのですが、お客様の世代なら、とても評判の良い相談所さんがありますよ」と紹介していただいたのが「官公庁ファミリークラブ」さんでした。

電話で問い合わせをしたときの対応がとても親切で感じがよく、センターに話を聞きに行って入会。
費用は相談所としては平均的ですが、驚いたのはそのカウンセリングの丁寧さです。

今までの職歴や交友歴など、雑談のように楽しくお話しながらも私の性格や趣味・思考をうまく聞きだして下さって、お相手をパソコンで検索する時も「この方はどんな感じですか?」と聞くと、人となりを説明して「話が合うと思いますよ」とか「この方は、こういう女性を求めていて・・」とお見合い前に話を聞けるので非常に参考になりました。

このように自分で検索した相手のほか、自分に合うタイプがわからなければカウンセラーさんからお勧めのお相手を紹介してもらうこともできるので成婚率が高いのだそう。
なるほどなと感心しました。

今のところ3人の方とお見合いし、そのうちの1人の方と交際中です。
成婚に至れば嬉しいなとわくわくしております。

こういった婚活方法もいいし、それも堅苦しいと感じる方はネット婚活が充実している現代ですので、一度なにかの婚活サービスに登録してみるのも良いと思います。
何事もやってみないとわからないとはよく言ったもので、やっぱりやってみると意外といいものというのも多いと思います。

インターネットで手軽に結婚相手を探せる時代がもう少し早く来てたら嬉しかったのになーと思いました。

最近、子どもを叱らない親が増えている

9月 - 17 2015 | no comments | By

最近、子どもが周りに迷惑をかけている、周りに迷惑をかけるようなことをしてるのに叱らない親が増えてきているような気がします。

今日、バイトでレジ打ちしていた時に、他のレジで会計していた子連れのお客さんの子どもが、並んでるのに飽きたのか走って何処かへ行ってしまったのを偶然見ていたおばあさんが、その子どもの親に「なんで叱らしないの?親なんだからちゃんと叱らないとダメでしょ!!」注意してるのを私は聞いていました。そのおばあさんは、子どもにも走ったら危ないことを教えていました。親の方は、おばあさんに言われてから子どもを叱っていたので、今の親は周りが言ってやらないと何もしないのかなと思いました。

スーパーなど人が多く集まる場所で走り回ったりして怪我をしてからでは遅いです。お店の人はそうならないように注意は払っていますが、お客さんはそうではありません。特にお年寄りや体が不自由な方は体が弱いので、ぶつかった場所が悪ければ大怪我になる場合もあります。そういったトラブルも防ぐためにも叱ることは大事なことだと思います。周りが見ているかもしれませんが、子どもが迷惑をかけるようなことをしていたらその場で叱る必要はあると思います

何となく思い出した南米美女から旅など

9月 - 17 2015 | no comments | By

自分、親が亡くなって、健康なら本当に旅に出てしまうかもしれませんね。
のんびりと絵を描いたりしてですね。
そういうのいくないですかね。山下画伯なんて笑われた時代もありましたけどね。

そのためにお金を貯めるというと、頭には沢山のやり方があります。
まあ早貯めしなくても、この技術があれば、生活は尚更困らないというものですね。

叔父が、40くらいに、もう南米に行って結構長いです。向こうの女に貢ぎあげたなんて親は言っていますが、それは割り切った中ならいいんじゃないんでしょうか。
風俗とは違うようですが、写真見た感じ「日本人金持ち」を露骨に出たようなブロンド美女でしたね。何故か、えぐい水着姿でした。
日本では確かに毛嫌いする傾向がありますが、叔父に言わせると60歳で金のある男が20の女を掴まえる事も南米ではあるのだそうで、それならそれでいいではないかと思います。

自分も夢があった時期がありまして、三味線もって海外公演というマイドリームを達成させようかなあと思っています。

何で日本に拘っているのか、それはDV女の洗脳もあるにせよ、人間好きに生きればいいのだと思います。
とは言いながら、叔父は又今年も日本に帰ってくるのでしょうか。

やってみました、戦略ゲーム!!

9月 - 17 2015 | no comments | By

最近戦略ゲームが面白くて仕方ありません。
以前から好きではあったのですが、最近では度が過ぎるほど好きになってきています。
今までだとチェスや将棋で割かし満足していた時もあったのですが最近ではそれが抑えられそうもなく「信長の野望」のようなリアル版の戦争を軍師目線でやるゲームにゾッコンです。
面白さとしては敵の領地を如何に奪うか、どう情報網を敷いて置いて罠をしかけるかなどなど頭を使う要素の多いのが戦略ゲームです。これらを駆使して如何に相手を自分の意のままに操作して誘導していくかが面白く、相手を罠にかけ終わった時の楽しさは得も言われぬほど楽しいです。
最近ではオンラインとかでもリアルタイムで戦略ゲームを行えるものもあり、そっちも少しはやっているのですが本格手にやってみようかなと思いつつあります。
しかし、そういったゲームの場合いわゆる廃人(あ、ほめ言葉です)が必ずいますのでそこまで行くのにどれだけかかるんだよという懸念はあります。今のままでは到底勝てないと思います。
時間がガッツリ空いた時にでもベータテストぐらいでまだ実稼働していない戦略ゲームをみつけてオンラインでやってみようかなと思います。それなら廃人がまだいませんので勝てる可能性があります。
まぁ、実稼働し始めたら結局はプレイ時間に応じて優劣はどうしてもついてしまいますので最初の内に如何に勝てるような地盤を気づけるかが重要になってきそうです。
課金要素が出始めたら勝てない事の方が多いですけどね。(笑)
今回は読んでいただきありがとうございました。

ゆで栗で旬の味覚を堪能しよう!

9月 - 17 2015 | no comments | By

秋の味覚といえば「栗」ですよね。
栗を使ったデザートや料理は色々ありますが、実は縄文時代から栗は主食として食べられていたのです。
栄養価が高く、特にビタミンC、ビタミンB1、カリウムを多く含み、意外にも「果物」の仲間なのです。
ビタミンCは熱に弱く、加熱すると壊れてしまいますが、栗のビタミンCは、澱粉でコーティングされているため、加熱しても壊れ難く効率的に摂取できるのです。

私は栗本来の味を楽しめる茹で栗が好きです。
口の中でホクホクの実が崩れ甘みが広がり、秋を口いっぱいに感じることができます。
栗は茹でる前にボールに入れて半日水に浸します。
その後、水を入れ替え、栗がたっぷりと浸かる程の水に塩を入れ、よく溶かします。
水1リットルに対し、大さじ1/2強の塩が目安です。
これを火にかけ、中火で沸騰させます。
沸騰してきたら弱火にし、40分程茹でます。
茹で上がったら火を消し、お湯が冷めるまで栗を入れたまま放置します。
手を入れられる位まで冷めたら、皮をむいて食べましょう。

栗は茹でる前や茹で上がった後に、水につけたままにすることにより、パサつくことなく、しっとりと仕上がります。
また、渋みも取れます。さらに塩によって甘さが引き立つのです。
お手軽なのでぜひお試しください。

ナス記念日と徳川家康

9月 - 17 2015 | no comments | By

4月17日は「なすび記念日」となっています。
冬春ナスの主生産地である6県(高知県、徳島県、岡山県、福岡県、熊本県、佐賀県)で構成される主産県協議会が「もっと冬春ナスを食べてもらいたい、知ってもらいたい」という想いから2004年に制定されました。ちなみに毎月17日は、国産ナス消費拡大の日とされております。

4月17日がなすび記念日になった由来ですが、「4(よ)1(い)7(な)す」の語呂合わせや、ナス好きで4月にナスを献上させていた徳川家康の命日であることにちなみます。
江戸時代よりナスの生産は広まり、いまや一年中目にすることのできるナスですが、記念日の由来ともなっている徳川家康とナスと言えば「一富士、二鷹、三茄子」という句です。
初夢で見たらめでたいものを順に並べた句ですが、この句には諸説あるようです。

駿河の国(静岡県)の名物を高いものから順に並べた。
富士山、鷹狩り、初物のナスという風に、家康の好物を順に並べた。
富士は「不時、無事」、鷹は「高い」、ナスは「成す」と語呂を合わせた。
他にもありますが、代表的な解釈は以上です。
 
実はこの句の続きがあります。
「四扇、五煙草、六座頭」という句があり、これも諸説あるようですよ。

生活を充実させるためにものを減らす

9月 - 17 2015 | no comments | By

シンプルライフとかミニマリストという言葉を最近よく聞きます。その言葉を聞いてそんな生活しているのだろうと色々インターネットで調べていましたら、名の通りお部屋がスッキリシンプルにまとめられていて、モデルルームみたいな部屋がアップされてました。

それを見てかっこいい!と思って僕も影響されました。
まず最初にやったのは断捨離。お部屋の中に半年以上使ってないものは容赦なくゴミ箱行きにしました。あと今使ってないもの。使い切る方が節約だなと考えたこともありましたが、今は大事なのはお金じゃないと心を鬼にしました。ちなみに、金銭面はキツキツです。。

うちの家族は皆、ものを捨てられない片付けられない人たちです。もので溢れかえってる家族の部屋とミニマリストを目指す僕の部屋を比べると、おなじ家族なのかと疑いたくなります。

僕の部屋は4畳半くらいですが、セミダブルのベッド、テレビ、パソコンとパソコン台のみのかなりスッキルした部屋に変貌してます。テレビも断捨離できるレベルですが、引越して一人暮らしする機会あったら譲ろうかなと考えてます。

本とCDはネットオフという買取サイトを使って売りました。フリマとかヤフオクを使った方が高く売れると思ったけど、このサイトは段ボールも準備してくれるし、やることは届いた段ボールに売りたいものを詰め込むだけと簡単で便利だなと思ったので使いました。
135個の本とCDを売りましたが3600円くらいだったかな?まずまずだなと思います。

いろんなものがあるとお金持ちに見えますが、今の自分はそれらを使いこなせないと意味がないなと思うようになりました。高い洋服もなかなかすぐに着る勇気もなかったですが、今はお気に入りしかないので躊躇なく着ることもできます、これはとても大きいです。

ミニマリストも加速させて、スーツケースと旅行用リュックそれぞれ1個分の荷物で済むような生活を目指していきたいです。

東京オリンピックの成功に向けて

9月 - 13 2015 | no comments | By

華やかな招致運動と異なり、東京周辺に小さくまとまった競技場の見直し、新国立競技場やエンブレムなど数々の問題が浮上してきている。

浮上してきているのか誰かが盛り上げているのかわからないが、開催が決まった以上、最終的に2020年に東京でオリンピックを開催しなければ、日本が国として汚点がつくのではないかと思われる。

各競技場の見直しについては、東京オリンピックということで招致したのだから東京都外で行うのは招致案とは異なるのではないか。

もちろん、課題による見直しは必要ではあると思うが、千葉県、神奈川県で行っても東京オリンピックと言えるのだろうか。次に、新国立競技場問題、一般人として、2500億円とか1300億円とか途方も知れない金額をいとも簡単に発する人たちの気持ちがわからない。

国立なので、最終的に税金がつぎ込まれる。

箱物は、10年も使えば当初の建築金額ほど補修改修費用が必要といわれる。後世に多額の借金を残してまでこのような物を作る必要があるのだろうか。

最後に、盗作疑惑のエンブレム、これもどうやって決めたのか不透明なことをするからあとあと問題になる。国、組織委員会、東京都の総力をあげて実施する必要がある。これからもこのような問題が送ると予想されが、最終的に東京オリンピックを成功させてほしい。